滝乃川学園聖三一礼拝堂

祭壇スティンドグラス「三位一体」について

 

1.           滝乃川学園

滝乃川学園は、1891(明治24)年の濃美大震災による孤児救済を主たる目的として、立教女学院で教鞭を執っていた石井亮一先生によって創立されました。草創期は日本聖公会東京聖三一教会の付属事業として、聖三一孤女学院と称されていました。

20余名の孤女の中に2人の知的障害児がおり、石井先生は惻隠の情に耐え難く治療の窮理を米国聖公会に求めて留学し研鑚を積んで、以来障害児の治療を天職とするようになりました。当時の日本では、差別と偏見の対象になりがちであった障害児のために、施設名を地名・北豊島郡滝野川村(現・東京都北区滝野川)に因んで滝乃川学園と改称し、日本での草分け的存在としての福祉がはじまりました。その後1928(昭和3)年に現在の東京郊外の国立市谷保に約8,000坪の土地を求めて移転し現在に至っています。

移転当時に建設され現存する本館は、国の登録有形文化財に、そして礼拝堂は国立市の登録文化財に指定されています。

      日本聖公会――英国々教会の流れをくむキリスト教々派

 

2.           聖三一礼拝堂祭壇のスティンドグラス

この礼拝堂は、鉄筋コンクリートづくりで、窓も建設当時のものですが木の格子の桟で小さく仕切られたものです。聖堂は原則として太陽の昇る方向を示す軸にそって配置されていますが、この礼拝堂も東側に祭壇、西側が入口になっています。

 

 
           

 

この度、この礼拝堂祭壇の左右(南北)の窓2つずつにスティンドグラスが飾られました。この4枚のスティンドグラスは、聖三一礼拝堂の名前に因んで、キリスト教の教義である「三位一体」を表わしたものです。

 

 

スティンドグラスの起原は定かではありませんが、絵画的表現をもつスティンドグラスの遺例で最古のものと信じられているのは、ドイツ・ロルシュ修道院で発掘された9〜10世紀のものと推定される「イエスの顔の断片」です。その後スティンドグラスはヨーロッパを中心にキリスト教文化として発展し、12〜13世紀の頂点を迎えますが、現存する大聖堂には当時のガラスが多く残されています。

スティンドグラスは英語でstained glass、従って日本語で正しくはスティンドグラスですが、焼きつけ色ガラスをいいます。キリスト教の聖堂に飾られたスティンドグラスのモチーフは、その殆んどが誰が見てもわかる聖書の教えの絵解きですが同時にそれは神は光であるという聖書の思想を色ガラスを透過する光によって体現しようとしたものでもあります。

                       

 

3.           祭壇寄り左右の2枚

「天地の造り主・全能の父なる神」

 

  神の栄光を象徴的に表わしたものです。

 

神はただひとり不死を保ち、近づきがたい光の中に住み、人間の中でだれも見た者がなく、見ることも出来ないかたである。

 【新約聖書テモテへの第一の手紙第6章16節】

 

都は、日や月がそれを照らす必要がない。神の栄光が都を明るくし、小羊が都のあかりだからである。

※小羊=イエス・キリスト          

【新約聖書ヨハネの黙示録第21章23節】

 

(1)  右側

 

(2)  左側

                                                     

4.  祭壇の左側

  「みこ主イエス・キリスト」

聖霊によって「生けるキリスト」として世の終わりまで私たちと共にいますイエス・キリストを表わしています。

   このパネルは青色を基調としていますが、青は敬虔な信仰を表わす色とされ、それは水による洗礼を、そして十字架は人間の罪を贖うために死んだイエスを、同時に錨を意味させて信頼出来る復活の希望を表わしています。

 

   

 

5.           祭壇の右側

「聖霊なる神」

人間の救いのために、今、現に働いてくださる力の神=助け主を表現しています。

 

聖霊なる神は、

@人のなかにある全て善なるものを高揚して下さり――悪とのたたかい

  Aペンテコステの時に、全き形において教会のうちに臨まれ――喜びと力を満たす教会の霊

  Bまた、わたくしを主イエス・キリストに似るように生長させてくださる――聖化即ち真理を悟らせて下さる

  【英国聖公会改訂公会問答(11)

 

   聖霊は父と子からのもの、作られず、創造されず、生まれず、しかし出ているのである。それゆえ、一つの父であって、三つの父でなく、一つの子であって三つの子でなく一つの聖霊であって三つの聖霊でない  

   【アナタシオ信経(23・24)】

   御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制である。

   【ガラテヤ人への手紙第5章22節】

 

聖霊は、はとをもって象徴とされます。

 

 
  

    そのころ、イエスはガリラヤのナザレから出て来て、ヨルダン川で、ヨハネからバプテスマをお受けになった。そして、水の中から上がられるとすぐ、天が裂けて聖霊がはとのように自分に下って来るのをごらんになった。

   ※バプテスマ=洗礼

  【新約聖書マルコによる福音書第1章9節以下】

 

  五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起ってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。また、舌のようなものが、炎のように分れて現われ、ひとりひとりの上にとどまった。すると一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、いろいろの他国の言葉で語り出した。

  ※五旬節=イエスの復活から50日目の日

   【新約聖書使徒行伝第2章1節以下】

 

  このパネルは赤色を基調としています。赤は聖霊を表わし、また血のシンボルです。教会では礼拝を美しくするために色を象徴的につかって神を讃美し色によって教会暦を思い起させます。

  司祭の祭服や祭壇、説教台、聖書台などの色は、例えばクリスマスや結婚式には喜びの色として白を、そして聖霊降臨日や殉教者の日等には赤がつかわれます。

 

 デザイン、製作

    ヨシュア・スティンドグラス・スタジオ  澤村勝彦

 使用ガラス

    フランス・サンゴバン社製 手吹きアンティークガラス

 技法

    フッ化水素酸による腐食(色抜き色合せ)

    グリザイユ、シルバーステインによる絵付け焼成

    パネル組み上げ(鉛桟及びハンダづけ、パテづめ)

 

 2004年4月

 

 


スタジオに戻る