「ピエタ(悲しみの聖母)」

T.ピエタとはイタリア語で「悲哀」という意味ですが、十字架上で息絶えて降ろされた我が子イエスを抱く悲しみの聖母マリアをモチーフとする作品を、一般にそのように呼ぶならわしになっています。

ピエタというテーマによる作品は、古来から多くの画家や彫刻家によって数え切れないほど作られています。

今回出品のピエタは、ミケランジェロの作による「サンピエトロのピエタ」と呼ばれる大理石像を模したものです。

ミケランジェロは、生涯に4つのピエタ像を手がけています。

サンピエトロのピエタ

1498年(23歳)着手、1500年(25歳)完成

ドゥオーモのピエタ

1550年(75歳)着手、未完

パレストリーナのピエタ

1555年(80歳)着手、未完

ロンダニーニのピエタ

1559年(84歳)着手、未完

ミケランジェロは、1564年89歳で生涯を終えていますが、死の直前までロンダニーニのピエタ像を彫り続けていたといわれています。

U.サンピエトロのピエタ

このピエタ像は、ヴァチカンのサンピエトロ大聖堂に置かれており、最も完成度の高い作品といわれています。そして、これは20代の作者の彫ったものではあるまいという世間の噂話に応えて、後年マリアのたすきにミケランジェロ生涯唯一の自分のサインを彫り込んだものです。


スタジオに戻る