「聖マタイと天使」

   このステンド・グラスの原画は、ニコラ・レニエによって1625年頃に描かれた、所謂バロック時代の油彩画です。

筆ペンを持ちノートに書きものをしている男は、福音書記者の聖マタイです。聖マタイは、天使に導かれて神の言葉である福音書を書いているところです。

彼の右側に立った天使は、右手を彼の肩の上に置き、左手でノートを指差しながら描くべき内容を伝えています。

 福音書は新約聖書の一部で、イエスの生涯と教えを弟子達が書いたもので、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4巻で構成されています。

 マタイは、イエスの12弟子の一人で、収税所の取税人だったといわれています。

 なお、聖書はキリスト教の聖典で、旧約聖書と新約聖書に分かれています。

 旧約聖書は、イスラエル民族の古代史というもので、殆どがヘブライ語で書かれています。

 新約聖書は、イエス降誕以後のことで、ごく短い時期に書かれ、全部ギリシャ語で書かれています。


スタジオに戻る