二人のマリア

←「イエスの母マリア」「マグダラのマリア」→


 新約聖書には、7人のマリアと名のつく女性が出てきます。
その中で、重要な役割を果した2人のマリア 

――― 「イエスの母マリア」と
復活したイエスに最初に出会った「マグダラのマリア」 ――― です。

◆イエスの母マリア

 このステンドグラスの聖母像の原画は、銅版に描かれています。(国立博物館保存重要文化財)
 イタリア人神父ジョバンニ・バチスタ・シドッチが、1708年に母国イタリアから九州屋久島に来た時に持参したものです。作者は不明です。
 主イエスの母マリアは、神の愛の象徴である藍色の上衣と悲しみの象徴である紫の下衣をまとい、頬に慈悲の涙を浮かべています。そして衣の縁から親指を出しており「親指のマリア」と呼ばれているものです。

◆マグダラのマリア

 マグダラのマリアは、ガリラヤ湖の西岸マグダラ出身で娼婦であったといわれています。7つの悪霊(驕慢、強欲、淫乱、激怒、嫉妬、大食、怠惰)に悩まされていましたが、ある時イエスに出会い、癒されて後、イエスに従うことになりました。そして、イエスの十字架上の最後を母マリアなどと共に見とどけ、埋葬に立ち会いました。更にイエスの屍に香料を塗るために墓に出かけましたが、そこで復活したイエスに最初に出会います。
 原画は、スペインのフーセペ・デ・リベーラ(1591〜1652)の油彩画です。贖罪者として洞窟にこもり、後悔の念に苛まれながら、ひたすら祈り暮らすマグダラのマリアを描いたものです。


スタジオに戻る