「イエスの変容」

T.イエスの変容については、新約聖書の「マタイによる福音書第17章1節以下、マルコによる福音書第9章2節以下、ルカによる福音書第9章28節以下に記述されています。この場面は、神がイエスを「これはわたしの愛する子」と宣言し、これによってイエスが神の子として超越的、神秘的な存在であることが明かされているところです。

  「六日ののち、イエスはペテロ、ヤコブ、ヤコブの兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。ところが、彼らの目の前でイエスの姿が変り、その顔は日のように輝き、その衣は光のように白くなった。すると、見よ、モーセとエリヤが彼らに現れて、イエスと語り合っていた。ペテロはイエスにむかって言った。「主よ、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。もし、おさしつかえなければ、わたしはここに小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのために、一つはモーセのために、一つはエリヤのために」。彼がまだ話し終えないうちに、たちまち、輝く雲が彼らをおおい、そして雲の中から声がした、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である。これに聞け」。弟子たちはこれを聞いて非常に恐れ、顔を地に伏せた。イエスは近づいてきて、手を彼らにおいて言われた、「起きなさい、恐れることはない」。彼等が目をあげると、イエスのほかには、だれも見えなかった。

U.モーセとエリヤは、旧約聖書を代表する人物です。

  1. モーセは、「十戒」でよく知られていますが、かつてエジプトに移住し、その後の権力者によって抑圧され奴隷となっていたイスラエル人を率いてエジプトを脱出し、神が約束した豊かなカナンの地へ導いたイスラエルの指導者です。その間、モーセはシナイ山で律法と戒めを書いた石の板(十戒)を神から授かり、これを守るべきこととしてイスラエル人を指導しました。その後イスラエル人は、ようやく目的のカナンの地に入りましたが、モーセ自身は入ることを神から許されず120歳で死んだと旧約聖書申命記にあります。
  2. エリヤは、イスラエル初期の預言者です。預言者とは、神に召された者で神の言葉を人々に告知する役割をもつ者のことです。エリアの生涯のことについては、旧約聖書列王記上第17章以下に、そして列王記下第2章にはエリヤは、火の車と火の馬に迎えられ、つむじ風に乗って天にのぼったとあります。

V.ペテロ、ヤコブ、ヨハネは、新約聖書即ちイエス降誕後の時代に登場する使徒です。使徒とは、イエスによって選ばれ、福音をもたらし宣べ伝える権威を委ねられて派遣された者で、いわゆる12使徒と呼ばれる人達です。

  1. ペテロは、この12使徒の代表者です。新約聖書ルカによる福音書第5章以下に、ペテロがガリラヤ湖畔で漁をしていた時にイエスと出会い、召されて「今からあなたは人間をとる漁師になるのだ」と言われて弟子になったことが書かれています。イエスに重用され、イエスの復活後最初に出会って信仰的指導を託されて宣教に昼力しました。そして、時の暴君ローマ皇帝のネロの迫害を受けて、さかさ十字架につけられ殉教しました。
  2. ヤコブとヨハネは兄弟で、父セベタイと共に漁業を営んでいました。ヤコブは、ペテロと共にイエスの側近の1人でしたが、ヘロデ・アグリツパ一世によって斬首され、最初の殉教者となりました。(使徒行伝第12章1節以下)。
  3. ヨハネはヤコブの弟です。兄ヤコブと共に使徒の1人としてイエスに近く、重大な時期には常にイエスの側にありました。イエスの昇天後は、ペテロに次ぐ重要な位置を占めペテロと共に活躍していた様子が使徒行伝に記されています。

W.今回は、両サイドに巾の広い縁飾りをつけました。中世のステンドグラスには、大方縁飾りがつけられましたが、美的効果や、パネルの修復を容易にし又、寸法合わせ、強度を高めるなどの構造的機能、ガラス片の再利用などの実際的理由にもよります。そして縁飾りは、樹葉、花、王冠などを文様化したものや、幾何学的なものなど様々です。現代の抽象的デザインのものは縁飾りが排除される傾向にあります。


戻る