オヤジにとってのエコーメモリアルチェンバーオーケストラ 2003年

 

 最初の2枚は、コンサートではなく、コンサートの集客及びエコーメモリアルチェンバーオーケストラと地域の結びつき活動の一環として、コンサートの前々日に地元の人たちを対象に開かれているクリニックの様子である。これ以外にも、保育園を巡回するミニコンサートを開いている。ここにサラリーマンであるオヤジは時間的にも技量的にも貢献することができない。

即ち、オヤジにとってはリハーサルと本番を含めたコンサートそのものにどれだけ貢献するしかないのだ。

←ヴィオラのクリニック:

指導は佐々木真史氏(仙台フィルのヴィオラ首席)

 

 

ヴァイオリンのクリニック:

指導は鈴木まどか氏     →

 

 さて、今年はそれに見合う貢献ができたのか、本人として甚だ疑問に感じている。

 まず、極めて基本的に体調を崩していた。前週にひいた風邪が治り切らないまま本番を終わった。

 そして、譜読みこそ事前にしていたが、昨年よりマシとはいえ、練習に入ってみれば現実不十分なレベルだった。今回は全てヴィオラを弾くということで、リハーサルに入るまでの個人での練習もしていたつもりだが、周囲からみれば到底「していた」などと認めてもらえるレベルではなかった。

 何よりも今回の大きな課題は「音程」だった。何しろ、隣の佐々木さんと合っていない。パートで音が澄んでいるのではなく、唸っている。後日、コンサートの録音を聴くとオヤジ程度の耳ではそれほど気にならないのだが、その場では明らかに唸っていた、つまり佐々木さんと音程が合っていなかったのだ。オヤジ一人でさらっている時は気にならなかった細かい音程のとり方が、オヤジの個人的なクセにハマっていることを改めて認識した。

 

 戸澤さんにコンサートマスターを務めていただき4年目。指揮者無しになって2年目。確実にアンサンブルのレベルが向上してきており、とても後ろで気楽に勉強させていただいているような状況ではなくなってきたことを、今年は改めて思い知った。

 オヤジにとって年一回の贅沢な4日間だが、オヤジだけがメリットを享受していてはダメだ。

 

 コンサートだけでなく、それを取り巻く様々な取り組みが実を結びつつあり、今年も昨年に引き続きほぼ満員のお客様。そして、彦根市は来年もこの機会を与えていただくことを既に決定してくれていた。勿論、その先となるとまるで保証は無いが、そろそろ本格的な転機を迎えていると感じる。来年は演奏レベルでも相当踏み込むことが、お客様からも求められているのだ。

そしてオヤジは数年前から主張していたのだが、団体そのもののパブリック性(彦根を中心とした地元出身の若手音楽家を中心とした団体というそもそものこのオーケストラのコンセプトに合致し、いっしょに演奏する機会を希望する人に、新たなメンバーとしての門戸を開けるかどうか?)も大きな課題となる。彦根市からの支援の継続性如何に関わらず、この団体の活動を源にした湖国のクラシック音楽文化への貢献を継続するためにでもある。

←今年も開演前のロビーコンサート。

フルートとオーボエのデュオによる

モーツァルトのオペラアリア集。

昨年のことをお客様も覚えていてくださり、

お客様も席を確保してから、ロビーに。

 

バッハ:管弦楽組曲第1番  →

最初のプログラム。それなりに弾けたつもりだが、

細かい音程が気になった。

勿論、オヤジがズレているのだ。悔しい・・・

 

←モーツァルト作曲 ホルン協奏曲第1番

彦根出身の大森氏(ニューフィル千葉首席奏者)の独奏。

 

 

スウェーデンの20世紀の作曲家ラーション作曲

フルートと弦楽のためのコンチェルティーノ

独奏は昨年のバッハに続き、井伊さん。

曲は戸澤氏が選んだものそうで、軽く北欧らしい

澄んだシンプルな音楽。→

 

←メインはドヴォルザークの弦楽セレナード。

フルオーケストラの弦楽パートで演奏することを

念頭に書かれた曲だけに、

この人数でやるのは実は至難のワザ。

演奏した時は必死だったが、

オヤジなりに録音を聴いた感じは、

それなりのデキ???

勿論、課題は一杯!!

 

 

エコーのトップに戻る