エコーメモリアルチェンバーオーケストラ 2002年を終えて

 

 6年目のエコーは、主に財政的理由から指揮者無しとなった。

 しかし、そもそも20人足らずの編成であり、一級のプロオケのトップが二人もいる中では、それは何も制約にはならなかった。フルートソロの井伊さんのおかげも多大にあるが、初めてホールが満員になったことも朗報だ。

 また、試行錯誤ながら、お客様に近づく施策もいくつかが試みられた。これを機に、苦しい財政事情の折に2003年の予算も何とか確保していただいた彦根市に対して、少しでも早い時期にエコーを支援し続けてよかったと、形で返せるところまで持っていきたいものだ。

 今年も演奏会点描を。

 

昨年まで指揮者としてエコーの基礎を創った川本氏(左)。彼は、現在ドイツのフォアボマーン歌劇場の第一専属指揮者として活躍しているが、たまたま仕事で関西におり、この日開演前に激励に来てくれた。右は彦根市出身の藤原氏、現在台北の台湾国家音楽庁交響楽団に所属している。

 

 
   

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

エコーのトップページへ戻る