エコーメモリアルオーケストラ 2001年演奏会 雑感


 5年目を迎えたエコーメモリアルオーケストラにとって、転機が訪れた。

 練習初日の夜、ひこね文化プラザ側から率直な説明があった。6年目以降、今までと同じ支援を続けることはできない。予算総額は、どう見積もっても現状の半分になるという。
 現状の経済情勢、彦根市に限らず自治体の税収の伸び悩みの中で、真っ先に文化予算、それも市民により馴染みの薄いものから削られるのは当然のこと。そういった中で、何とかエコーメモリアルオーケストラの活動を継続していこうと努力していただいているひこね文化プラザ側の努力に敬意を表するとともに、その期待に応えていかなければならない。

 
練習初日が良かったかどうかは解らないが、明らかに一つの転機を迎えたという自覚の中で、今年の演奏は、一段と良いものになったと感じたのはオヤジの手前ミソだけではないだろう。

 アマチュアのオヤジにとって、ここでのアンサンブルは毎回刺激的な勉強の場である。

 とにもかくにも練習における意識の集中度が違う。これはまさに、ただ好きでやっているアマチュアとの違い。
 練習中に笑いが出ないほど硬い雰囲気ではないが、楽譜に書かれたことはもとより、その先の作曲家の意図を想い、なによりお客様にどう楽しんでいただくかを一人一人が真剣に考えながら(ここがアマチュアにはなかなかできないこと。)音楽を作っていく。
 ほぼ、1時間毎に休憩をとるが、その1時間は短く感じ、一方で神経がとても疲れていた。

 今回は、演奏する側にならないとお目にかかれない、本番前の舞台裏、本番後の打上げの様子をご紹介しよう。




←休憩時間中の楽屋前。今年も小田氏(中央)はヒョウキンでした。




舞台袖で、クリーニングの札が付いたままになっていないかを見ている川本氏。本番前の緊張感は??→




←ここ(エコーホール)の舞台袖は、客席と違って寒いのです。女性陣は特に舞台に出る直前まで上着は必須?!




本番直前、舞台袖の戸澤氏
。→




←ひこね文化プラザのスタッフの方です。




一転、打上げで演奏会の講評を語る川本氏(一番右)。5年目を迎え、今年が一区切りとなりました。彼のおかげで、エコーサウンドの基礎ができました。10年目の記念演奏会での再会を楽しみに。→




←その日に、それぞれまた各地に散るメンバーのため、打上げはごく簡単に。今年は、ホール側がビールを差入れてくださいました。勿論、オヤジに気を遣っていただいて、キリンラガー。




今回、コンサートマスターだけでなく、ソロに、そして公開レッスンにと大車輪で活躍してくれた戸澤氏。心地よい疲れにおいしいキリンラガーが沁み渡って、戸澤氏自身曰く「壊れてます。」。2002年は、彼がコンダクターも兼ねてエコーを引っ張ってくれる予定です。→

戻る