ECHO MEMORIAL ORCHESTRA

エコーメモリアルオーケストラ2000


2000年2月13日(日)14:00開演

J.Sバッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BMV1051

J.Sバッハ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 ニ短調 BMV1060

モーツァルト:ディベルティメント第1番 ニ長調 K.136  

モーツァルト:交響曲第1番 変ホ長調 K.16  

ホルスト:セント・ポール組曲

 

ゲストコンサートマスター: 戸澤 哲夫

指揮:川本 貢司


川本 貢司:

1972年、島根県生まれ。同県立益田高等学校在学中より、指揮法を遠藤雅古氏に師事。その後、同高校を卒業と同時に、1991年4月、東京芸術大学音楽学部指揮科に入学。同大学において指揮法を小田野宏之、若杉弘、フランシス・トラヴィス、ピアノを米谷治郎、トロンボーンを永濱幸雄の各氏に師事。

東京芸術大学在学中の1994年、第10回東京国際音楽コンクール(指揮)において、日本人としては最高位の第3位を受賞。「健康的なセンスとテクニックを備えた指揮者」(審査員諸氏より)と賞賛されると同時に、大学在学中の受賞ということもあり、将来を有望視される若手指揮者の一人として注目された。

1995年1月、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団を指揮して楽壇にデビューを果たし、各地の演奏会において成功を収める。

1995年3月、東京芸術大学音楽学部指揮科を卒業。同年4月に行われた、大学主催の成績優秀者による「新卒業生紹介演奏会」に推薦され、東京芸術大学音楽学部管弦楽研究部オーケストラを指揮。「タンホイザー」序曲を演奏し、好評を博す。

現在は、広島交響楽団、群馬交響楽団、京都市交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、大阪シンフォニカー等、全国の主要オーケストラの指揮をするなど、各地の演奏会においてシンフォニー指揮者としての高い評価を得ている一方で、「コシ・ファン・トゥッテ」「魔笛」公演の指揮等、オペラ指揮者としての活動も精力的に行っている。また、ラジオのための放送録音や、各地の吹奏楽団、合唱団との共演も多く、それらの幅広い活動は新聞紙上において「的確なバトンテクニックによる、細部にまで行き届いた見事な音楽表現」等の高い評価を受けており、今後の活躍が期待される若手指揮者の一人である。


戸澤 哲夫:

1971年東京生まれ。保井頌子氏の手ほどきにより、6歳からヴァイオリンを始め、その後群馬県立前橋高等学校、東京芸術大学を経て、97年同大学院博士課程修了。この間、読売新聞社主催新人演奏会に出演、芸大室内楽オーディションなどに合格。

また、芸大大学院在学中の95年1月より、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスターに就任している。その他にも96年から安田(謙一郎)弦楽四重奏団のメンバーに加わり、アルベリ弦楽四重奏団を主宰するなど、活動は多方面に渡っている。

ソリストとしても、東京シティ・フィル、新星日本交響楽団、広島交響楽団の他、各地のオーケストラと協演しており、97年4月には、チャイコフスキーの協奏曲にてアメリカデビューを果たし、好評を博した。98年11月より1年間、アフィニス文化財団の援助により、ドイツ・ベルリンに留学、ライナー・クスマウル氏のもとで研鑚を積む。今後、国内のみならず国際的、かつ幅広い分野での活躍が期待されている、若手ヴァイオリニストである。


2000年のコンサートに参加したメンバーの顔ぶれ

※「名前まではいいでしょ。」ということで、オケメンバーの氏名は省略しました。

今年は独奏者としても戸澤氏と協演した彦根市出身の藤原博司

◆ヴァイオリン(オヤジ一点 すぐ判る)

◆ヴィオラ(2人で7人のヴァイオリンの音を上回る)

◆チェロ、コントラバス(川本氏に練習でよく捕まったなぁ・・・)

◆管楽器、チェンバロ(もう少し出番が欲しかった・・・)


今年は雑感の替わりに、練習風景を

戻る