ECHO MEMORIAL ORCHESTRA

エコーメモリアルオーケストラ1999


1999年2月28日(日)14:00開演

エルガー:セレナード ホ短調 作品20

J.Sバッハ:ブランデンブルク協奏曲第4番 ト長調 BMV1049

グリーグ:組曲「ホルベアの時代から」 作品40

モーツァルト:交響曲第29番 イ長調 K.201  

 

ソリスト・コンサートマスター:斉藤 和久

指揮:川本 貢司


川本 貢司:

1972年、島根県生まれ。同県立益田高等学校在学中より、指揮法を遠藤雅古氏に師事。その後、同高校を卒業と同時に、1991年4月、東京芸術大学音楽学部指揮科に入学。同大学において指揮法を小田野宏之、若杉弘、フランシス・トラヴィス、ピアノを米谷治郎、トロンボーンを永濱幸雄の各氏に師事。

東京芸術大学在学中の1994年、第10回東京国際音楽コンクール(指揮)において、日本人としては最高位の第3位を受賞。「健康的なセンスとテクニックを備えた指揮者」(審査員諸氏より)と賞賛されると同時に、大学在学中の受賞ということもあり、将来を有望視される若手指揮者の一人として注目された。

1995年1月、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団を指揮して楽壇にデビューを果たし、各地の演奏会において成功を収める。

1995年3月、東京芸術大学音楽学部指揮科を卒業。同年4月に行われた、大学主催の成績優秀者による「新卒業生紹介演奏会」に推薦され、東京芸術大学音楽学部管弦楽研究部オーケストラを指揮。「タンホイザー」序曲を演奏し、好評を博す。

現在は、広島交響楽団、群馬交響楽団、京都市交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、大阪シンフォニカー等、全国の主要オーケストラの指揮をするなど、各地の演奏会においてシンフォニー指揮者としての高い評価を得ている一方で、「コシ・ファン・トゥッテ」「魔笛」公演の指揮等、オペラ指揮者としての活動も精力的に行っている。また、ラジオのための放送録音や、各地の吹奏楽団、合唱団との共演も多く、それらの幅広い活動は新聞紙上において「的確なバトンテクニックによる、細部にまで行き届いた見事な音楽表現」等の高い評価を受けており、今後の活躍が期待される若手指揮者の一人である。


斉藤 和久:

5歳より父の手ほどきでバイオリンを始める。桐朋学園大学音楽学部卒業。

山口裕之、安田謙一郎、有田正広の各氏に師事。ハーゲンダッツ六本木店に1年間勤務。新日本フィルに5年間勤務。ロンドンにてアマデウス クァルテットに師事、アマデウス クァルテットより推薦状を受理。松尾音楽助成を2年間受ける。

第2回大阪国際室内楽コンクール入選。安田弦楽四重奏団と協演。

現在、ソロ、室内楽の他スタジオミュージシャンとして、CM・ドラマ・CD等のレコーディングを中心に活躍中。 


戻る