ECHO MEMORIAL ORCHESTRA

エコーメモリアルオーケストラ1998


1998年2月22日(日)15:00開演

モーツァルト:セレナード第13番 ト長調 K.525

テレマン:ヴィオラ協奏曲 ト長調

バーバー:弦楽のためのアダージョ

チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 作品48  

 

 

ヴィオラ:佐々木 真史

指揮:川本 貢司


雑感

「練習中に音が変わっていく。」
この体験をしている人がプロアマを問わず、どれだけいるだろうか?
それも指揮者の指示の都度に変化する。
当然、指揮者は意に添わない時もある。だからまた指示を出す。
そして音楽は変化しながら、指揮者の意図するものへ次第に収斂する。

2年目の今年、「積み重ね」もまた強く意識させられた。
明らかに完成に向かうプロセスが効率的にもなってきた。
「求めるものがお互いに見える。」幸せでまたそこに危ういバランスを見る。
テレマンは正しく至宝。彦根のお客様にヴィオラがいかに素晴らしい楽器であるかを 強く印象づけたに違いない。
そして重くも粘るバーバー。オヤジはここまでで集中力が尽きてしまった。

とはいえ、一番うれしいのは、来年もまた、2月に彦根でエコーサウンドを奏でることができること。
ということで、今年は予告からの指揮者加えて、至宝のヴィオラを奏でてくれたソリスト佐々木氏のプロフィルを紹介しておこう。


川本 貢司:

1972年、島根県生まれ。同県立益田高等学校在学中より、指揮法を遠藤雅古氏に師事。その後、同高校を卒業と同時に、1991年4月、東京芸術大学音楽学部指揮科に入学。同大学において指揮法を小田野宏之、若杉弘、フランシス・トラヴィス、ピアノを米谷治郎、トロンボーンを永濱幸雄の各氏に師事。

東京芸術大学在学中の1994年、第10回東京国際音楽コンクール(指揮)において、日本人としては最高位の第3位を受賞。「健康的なセンスとテクニックを備えた指揮者」(審査員諸氏より)と賞賛されると同時に、大学在学中の受賞ということもあり、将来を有望視される若手指揮者の一人として注目された。

1995年1月、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団を指揮して楽壇にデビューを果たし、各地の演奏会において成功を収める。

1995年3月、東京芸術大学音楽学部指揮科を卒業。同年4月に行われた、大学主催の成績優秀者による「新卒業生紹介演奏会」に推薦され、東京芸術大学音楽学部管弦楽研究部オーケストラを指揮。「タンホイザー」序曲を演奏し、好評を博す。

現在は、広島交響楽団、群馬交響楽団、京都市交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、大阪シンフォニカー等、全国の主要オーケストラの指揮をするなど、各地の演奏会においてシンフォニー指揮者としての高い評価を得ている一方で、「コシ・ファン・トゥッテ」「魔笛」公演の指揮等、オペラ指揮者としての活動も精力的に行っている。また、ラジオのための放送録音や、各地の吹奏楽団、合唱団との共演も多く、それらの幅広い活動は新聞紙上において「的確なバトンテクニックによる、細部にまで行き届いた見事な音楽表現」等の高い評価を受けており、今後の活躍が期待される若手指揮者の一人である。


佐々木真史:

1968年静岡県に生まれる。洗足学園大学付属高校音楽科に入学と同時にヴィオラを始める。東京芸術大学音楽学部器楽科に入学。在学中は、学内オーディションに合格し、芸大室内楽定期演奏会に出演。同大学卒業後、カザスルホール主催のヴィオアスペース'95にて今井信子氏の公開レッスンを受講。ロームミュージックファンデーション主催のスイスアカデミーに2年連続で参加し、深井碩章氏に師事。京都フランスアカデミー、沖縄ムーンビーチミュージックキャンプに参加。

最近では、数々の室内楽演奏会に出演するほか、東京シティフィルハーモニック管弦楽団や、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉等の演奏会にゲストトップ奏者として出演している。

現在、バッハ協会管弦楽団主席奏者。東京芸術大学管弦楽研究部講師。


戻る