1997年エコーメモリアルオーケストラ演奏会雑感

1997年2月の演奏会
1997年3月の演奏会


1997年2月23日(日)15:00開演

ひこね発(ひこねミュージックフェスティバル)ガンバルひこねの音楽家たち
ひこね市文化プラザ開館記念に地元音楽家たちが結成した
エコーメモリアルオーケストラの世界
共鳴へのプロローグ ファーストコンサート

グリーク:「2つの旋律」作品53
バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調
BWV1046
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」

指揮:川本 貢司
ヴァイオリン独奏:中川
衛子

東京で音楽をやっていると気付かないことがある。
そして、
アマチュアだけで音楽していると気付かないことがある。
彦根で演奏することは、オヤジにいつも音楽を振り返らせてくれる。

今回は、「場」そのものが東京でアマチュアをやっていてはまずチャンスのない

機会であり、ザ・シンフォニカにいては絶対に味わえない演奏会だった。

「ハイレベルとローレベル」の混沌とでも表現しようか。
まず、音楽の作り方は、オヤジの通常に比べ相当のハイレベル。

フレージング、和声進行、奏法などにかなり細かい指揮者の要求が来る。

アバウトなオヤジとしては、
指揮者の口調にムカっときながらも、
わずか2日の練習で、曲としては確実に仕上がっていくのを実感する。

こちらは曲の解釈まで到底口を挟めるほどの勉強はしていないから、

要求をこなしながら、
曲がその要求によって輪郭を成していくことで
納得感を高めていく。
集中度は普段の倍、
疲れは5倍はある。

メンバーについては、正しく混沌。
正確には彦根市あるいは近隣を含めて出身者は、約3分の2。
とはいえ、かなり無理がありながらも
約9割が何らかの形で彦根に縁がある。
かくいうオヤジもその縁でプロ奏者もいるような室内オケでコンマスを

やる(やらされる、あるいはやらせていただく)ハメになってしまったのだ。

寄せ集めの場合、
集め方にムリがある程、集まった後必ず苦労する。
それでも今回はかなりいい人たちにめぐり合ったが、
音大のレベルか、個人のレベルかこの
多様さには参った。
演奏の技量しかり、アンサンブルのテクニックしかり。
ローレベルの部分については、はっきりシンフォニカの方が上。

まあ、経済学部出てたって、経済まるで分かってない自分を見れば

音楽だから特別ってことは無いのかもしれない。

ちなみに今月もう一度本番がある。

2プルトの1stヴァイオリンで「ピーターと狼」だぜ…


1997年3月23日(日)15:00開演

ひこね発(ひこねミュージックフェスティバル)ガンバルひこねの音楽家たち
ひこね市文化プラザ開館記念に地元音楽家たちが結成した
エコーメモリアルオーケストラの世界
ファミリーコンサート

ヴィレン:弦楽のためのセレナード作品11
ディズニーの世界から
「ラ・ラ・ルー」「くまのプーさん」「ミッキーマウス・マーチ」「小さな世界」

サン・サーンス:「動物の謝肉祭」から
「導入と獅子王の行進」「雄鶏と雌鳥」「カンガルー」「白鳥」

プロコフィエフ:子供のための音楽物語「ピーターと狼」

指揮:川本 貢司
語り:山本
嘉人

音楽を長くやっていて良かったと思った。
先月の演奏会の後、事情があってヴァイオリンを2名新たに
調達しなければならなくなったが、そう簡単に引受け手がいるものでもない。

とはいえ、結果として東京から1名、神戸(正確には明石)から1名が

わざわざ彦根まで応援に来てくれた。

オヤジのプロフィールを見ていただければお解りのように、
オヤジが社会人になってから、
彦根、神戸、東京と異動してきた。
各地での音楽活動の足跡が図らずもここで結びつくことに
なった。
これだけでも、
結構オヤジは感動していた。

演奏の方は、技量以上に団員の気持ちが合ってきた。
相変わらず練習は刺激的で、
指揮者の指示の度に演奏が変化していく。
これは、今回お手伝いしてくれた2名にも感じられたそうだ。

ヴァイオリンは最終的に2プルト半ずつになり、
プロ2名のヴィオラにようやく太刀打ちできるパワーになった。

場面毎のピーターのテーマの弾き分けも今まではここまで意識しなかった。

でも
実際に弾き分けていると、とてもピーターが生き生きしてくる。
ナレーターがもう少し語り分けられたら、もっと良かったかもしれない。
まあ、子供のための曲とはいえ、
実際には「ガキ」ばかりでは少し複雑…

ヴィレンは、今回初めて知った作曲家であり、曲であった。
CDは、新宿のHMVで探しまくってようやく見つけた。
これは
正しく知られざる名曲。また是非やりたい。
今回は
ちょっとテンポが速かったな。

当日、編曲の読みにくい手書きの譜面が渡されて、ステリハで一度合わせて即本番。
これも、なかなかいい経験。
でも、素材からするとやっつけ仕事アリアリ。
素材が優れているだけに、仕事の粗さが目立ち、子供たちのためにも勿体無かった。

これはプロの仕事じゃねぇ!

いずれにしても、終わり良ければ全て良し。
来年の開館1周年に再会を約してお開きとなった。

なんと「懲りないエコーの面々!!」


戻る