ECHO MEMORIAL CHAMBER ORCHESTRA

エコーメモリアルチェンバーオーケストラ

 エコーメモリアルチェンバーオーケストラは、1997年2月ひこね市文化プラザの開館を機に、彦根市出身あるいは彦根に所縁のある若手演奏家を中心にエコーメモリアルオーケストラとして結成された室内オーケストラです。団体名は、演奏会の舞台となる小ホール「エコーホール」にちなんで命名されています。

 結成以来、新進気鋭の若手指揮者、川本貢司氏のもとで2001年までの5年間、年々演奏レベルの向上を図ってきました。
 2003年は、2000年より当団コンサートマスターを務めている
戸澤哲夫氏(東京シティ・フォルハーモニック管弦楽団コンサートマスター)のもと、さらにアンサンブルに磨きをかけ、指揮者無しの2年目の演奏会(発足以来7年、延べ8回目)を行いました。
 普段は国内外各地で活動するメンバーが、毎年1回スケジュールを調整して演奏会のために集います。このような団体では、故斎藤秀雄氏を師と仰ぐ小澤征爾氏を中心としたサイトウ・キネン・オーケストラが世界的に有名ですが、エコーメモリアルチェンバーオーケストラは、人の繋がりを基盤にしつつも、「彦根」という「街」を拠り所として集う点で、全面的に支援する彦根市の位置付けとともにユニークな存在です。

 オヤジは彦根時代の音楽仲間の縁で、結成時から参加し、僭越にも2年間コンサートマスターをやらせていただきました。その後、オケのレベルアップを図るため、プロの演奏家をゲストコンサートマスターとして招くこととなり、オヤジは後ろで気楽に勉強させてもらっていましたが、エコーの一層の発展のためにも勉強させてもらっているだけでは申し訳なく、2003年を最後に聴き手に回ることにしました。


1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年


音楽の部屋へ戻る