「イエスの葬り」

1.イエスは十字架にかけられて葬られましたが、そのイエスの遺体を下ろし墓に納める状況については、新約聖書の各福音書にそれぞれ記述されています。

マルコによる福音書第15章40節以下

イエスが十字架につけられたとき・・・
また、遠くの方から見ている女たちもいた。その中には、マグダラのマリヤ、小ヤコブとヨセの母マリヤ、またサロメがいた。彼らはイエスがガリラヤにおられたとき、そのあとに従って仕えた女たちであった。なおそのほか、イエスと共にエルサレムに上がってきた多くの女たちもいた。

さて、すでに夕方になったが、その日は準備の日、すなわち安息日の前日であったので、アリマタヤのヨセフが大胆にもピラトの所へ行き、イエスのからだの引取りかたを願った。彼は地位の高い議員であって、彼自身、神の国を待ち望んでいる人であった。ピラトはイエスがもはや死んでしまったのかと不審に思い百卒長を呼んで、もう死んだのかと尋ねた。そして、百卒長から確かめた上、死体をヨセフに渡した。そこで、ヨセフは亜麻布を買い求め、イエスをおろして、その亜麻布に包み、岩を掘って造った墓に納め、墓の入口に石をころがしておいた。マグダラのマリヤとヨセの母マリヤとは、イエスが納められた場所を見とどけた。

*安息日・・休日の意で、1週間の第7日目にあたりますが、金曜日の夕方の日没から土曜日の夕方までをいいます。
従って、安息日の前日は金曜日です。
*アリマタヤ・・地名でエルサレムの西北と考えられています。
*ピラト・・ローマ帝国のユダヤ総督で、イエスの裁判と処刑をとりしきったとされています。
*百卒長・・ローマの軍隊の将校で、50〜100人程度の兵卒長です。

 右上拡大

2.この絵を構成する人物は、上記のマルコによる福音書、また、ルカによる福音書などの記述から、イエスと次の5人と思われます。

*ヨセフ・・・最高法院の議員
*ニコデモ・・・最高法院の議員
*マグダラのマリヤ・・・マグダラ出身で7つの悪霊に悩まされたが、イエスに癒されてしたがった女
*ヨセの母マリヤ・・・年少のヤコブとヨセの母
*サロメ・・・年長のヤコブとヨハネの母

3.ルカによる福音書第23章50節以下

  ここに、ヨセフという議員がいたが、善良で正しい人であった。この人はユダヤの町アリマタヤの出身で、神の国を待ち望んでいた。彼は議会の議決や行動には賛成していなかった。この人がピラトのところへ行って、イエスのからだの引き取り方を願い出て、それを取り下ろして亜麻布に包み、まだだれも葬ったことのない、岩を掘って造った墓に納めた。その日は準備の日であって、安息日が始まりかけていた。イエスと一緒にガリラヤからきた女たちは、あとについてきて、その墓を見、またイエスのからだが納められる様子を見とどけた。

左下拡大

 

4.原画「イエスの葬り」について

作者・・・カラヴァジオ(本名:ミケランジェロ・メリージ)
     1571年9月29日イタリア・ベルガモ近郊カラヴァジオで出生
     1602年〜1603年の製作、カンヴァス油彩(3000×2030mm)


スタジオに戻る