「最後の晩餐」

―― レオナルド・ダ・ヴィンチ作
   サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院(ミラノ)食堂壁画
   「最後の晩餐」に拠る ――

 この壁画は、1497年〜98年の作ですが、テンペラ画法によったため、その手法上保存に弱く、完成直後から劣化が始まったとされます。
 このため、修復が繰り返されますが、補彩の結果、この絵は原作とは似ても非なるものになってしまい、1977年から20年かけて修復作業が行なわれて1999年に終了しました。
 現代科学の技術の粋をつくしたこの修復作業の結果、これまで不明とされた原画についての様々な発見がありました。
 また、この修復画をもとに、NHKがコンピュータ・グラフィックスの技術をつかって500年前の復元画を発表しました。
 今回はこれらに拠り、この名画をステンドグラスに製作してみました。

★最後の晩餐について

  新約聖書の
    マタイによる福音書 第26章
    マルコ  〃    第14章
    ルカ   〃    第22章
    ヨハネ  〃    第13章
  に、その記述があります。

 その要旨は、
  イエスが12人の弟子と一緒に食事をしている時、
 「あなたがたのうち一人がわたしを裏切ろうとしている」と言います。
  この裏切りによってイエスは捕らえられ、十字架刑を受けますが、イエス
 はこのことを予知して、神の意志に従って受難に臨みます。

★弟子の配列

バルトロマイ

小ヤコブ

アンデレ

ユダ

ペテロ

ヨハネ

イエス

トマソ

大ヤコブ

ピリポ

マタイ

タダイ

シモン

★画面について

  ●透視図法
   イエスの右こめかみを基準点(消去点)とし、画面の線が全てそこに向
  って構成され収束させることによって、構造物が手前から置くに遠のいて
  ゆく様子の表現手法がとられています。

  ●テーブル
   大皿、小皿、フィンガーボール・ワイングラス・塩つぼ・ナイフなどの
  食器に、魚料理・丸パン・レモン(オレンジ)などが描かれています。テ
  ーブルクロスには綾織模様や縦横の折り目が付いており、細部についての
  配慮がうかがえます。

  ●タピストリー
   これまでの補彩により原作と全く異なる柄が描かれていましたが、今回
  の修復作業により原作は花柄でアサガオやマーガレットなどが華やかに図
  案化されていたことが分かりました。

 今回も名画をまねてステンドグラスに作るという乱暴なことをやってしまいましたが、無謀なる大作への挑戦として、稚拙な技術を精一杯つかって多くのことを学ぶことができました。
 聖書を読み、ガラスの光の彼方を伺い、果てしない連想の中でステンドグラスを作る
――――――ステンドグラスとの出会いに感謝します。

2001年6月

                     ヨシュア・ステンド・グラス

                        澤村 勝彦


スタジオに戻る